CONTEST

競技内容

審査基準

サマースタイルアワード 2017ではポージングも重要視されます。
世界的には「スポーツモデル」というクラスにあたり、
「モデル」という名前がつくだけに、
鍛え上げられた肉体に加え、ウォーキング・ムービング・スムーズで華麗なポージングも評価の対象となります。
選手はステージに上がった瞬間から降りるまでが審査の対象となっておりますので、
最後まで気を引き締めて堂々とした演技を行いましょう。

※BEASTYとSTYLISH GUYの、どちらの部門にエントリーして良いか判断できない方は、まず自身の判断でエントリーして頂きたいと思います。
代表・金子自身が写真を見て判断していきますので、万が一、別部門が相応しいと判断された場合
部門の移行をお勧めするよう事務局の方からご連絡させて頂きますのでご了承ください。
ご移動は強制ではございませんのでご自身の判断でよろしくお願い致します。
サマースタイルアワードでは、少しでも世界に近づく為に、審査がその幾度進歩していく事もありますのでご了承ください。

  • BEASTY

    ビースティ部門

    - AGE -
    満19歳以上
    - HEIGHT -
    ①170cm以下 ②170~176cm ③176cm以上
    ※170cmの選手は①②、176cmの選手は②③のどちらのエントリーも可
    - POSING -
    ①全体的な印象を見る事からスタートします。
    全体的な肉体の発達状態、バランスのとれたスタイル、自信に満ちた
    堂々とした舞台上のパフォーマンスを審査していきます。
    ②肩、胸(インクライン・デクライン)の発達、背中(上背・下背)、
    腕(三角筋・二頭筋・三頭筋のセパレート)、
    腹筋がしっかりと割れているか、
    太腿の発達(四頭筋のセパレート)を重視します。
    尚且つ、各部位がバランスよくついていることと、
    しっかりと絞れていて、全ての部位のアウトライン・カットが出ていること。
  • STYLISH GUY

    スタイリッシュ・ガイ部門

    - AGE -
    満19歳以上
    - HEIGHT -
    ①170cm以下 ②170~176cm ③176cm以上
    ※170cmの選手は①②、176cmの選手は②③のどちらのエントリーも可
    - POSING -
    ①全体的な印象を見る事からスタートします。
    全体的な肉体の発達状態、バランスのとれたスタイル、
    自信に満ちた堂々とした舞台上のパフォーマンスを審査していきます。
    ②STYLISH GUY部門はBEASTY部門ほど筋肉を強調せず、
    トレーニングをして発達していく過程の中での
    バランスの良いカラダを求めます。
    尚且つしっかりと絞れていて、よりSporty、よりNaturalな体で
    腹筋がしっかりと割れてるのが好ましい。
  • BETTY

    ベティ部門(女性部門)

    - AGE -
    満19~満40歳
    - POSING -
    ①全体的な印象を見る事からスタートします。
    メイク・ヘアー、全体的な肉体の発達状態、バランスのとれたスタイル、
    自信に満ちた堂々とした舞台上のパフォーマンス、
    女性らしく優雅でセクシーかどうか審査していきます。
    ②生まれつきのスタイルではなく、トレーニングや食事においての
    努力がみれる事が重要視されてきます。
    全体的に脂肪は少なく引き締まっているカラダが評価されます。
    しかしながら「引き締まる」と「細くなる」はイコールではありません。
    ガリガリなカラダや元々細いのに極度のダイエットによっての
    細身のカラダは減点となります。
    腹筋に関してはアブクラックス(腹筋に縦の線が3本入る事を示す)。
    女性の6パックは極端な筋肉質となり、過度な絞り過ぎで減点対象となります。
    ※この境界線はあくまで当日の審査員の判断となります。
    肩・ヒップ・太ももに関してはしっかりとしたアウトラインが見える事が好ましい。
    尚且つフロント・バックのVシェイプ、サイドポーズのSシェイプが評価の採点となります。
  • PHYSIQUE

    フィジーク部門

    - AGE -
    満19歳以上
    - POSING -
    ①全体的な筋肉量とシェイプ(Vシェイプ)、絞り、バランスを見ていきます。
    まず筋肉量で言えばBEASTY部門との差別化をはかる為、かなりの筋肉量を要します。
    それに加えて、SUMMER STYLE AWARD 2017では絞りがかなり重視されます。
    その中でその人の身長とバランスが合っているかを評価します。
    ※ボディビルコンテストとは異なるため、極端な各部位だけに固執した筋肉量は減点とする。
    ②ステージポージングでの振る舞い。
    SUMMER STYLE AWARD 2017では、STYLISH GUY部門とBEASTY部門とは異なり、
    ステージ上でのポージングに関しましては男らしく勇ましく、
    その中でも落ち着きあるパフォーマンスを要します。
    ポージング・ムービングをかなり重視して評価します。
    ③サーフパンツでの審査となります。
  • BEAUTY FITNESS MODEL

    ビューティーフィットネスモデル部門(女性)

    - AGE -
    満19歳以上
    - POSING -
    ベティ部門までの筋肉量は求められておらず、フィットネストレーニングをしている中で健康的で魅力的で美しいスタイル・ルックスを重視し、トレーニングを始められたばかりの方でも挑戦しやすく、年齢制限のない女性限定のクラスです。
    ※服装はモノキニビキニとなります。
    ①全体的な印象を見る事からスタートします。
    メイク・ヘアー、全体的な肉体の発達状態、バランスのとれたスタイル、
    自信に満ちた堂々とした舞台上のパフォーマンスやルックス
    女性らしく優雅でセクシーかどうか審査していきます。

    ②元々のスタイルバランスとトレーニング、食事においての努力がみれる事が重要視されてきます。
    全体的に脂肪は少なく引き締まっているカラダが評価されます。
    しかしながら「引き締まる」と「細くなる」はイコールではありません。
    ガリガリなカラダや元々細いのに極度のダイエットによっての
    細身のカラダは減点となります。
    過度な絞り過ぎで減点対象となります。ビューティーフィットネスでは
    女性らしさを追求していきます。
    ※この境界線はあくまで当日の審査員の判断となります。
    肩・ヒップ・太ももに関しては甘みのあるアウトラインが見える事が好ましい。
    ポージングに関してもベティ部門のような力強いポージングではなくしなやかなポージングを重視して下さい。
  • HERACLES

    ヘラクレス部門

    - AGE -
    満40歳以上
    - POSING -
    ①全体的な印象を見る事からスタートします。
    全体的な肉体の発達状態、バランスのとれたスタイル、自信に満ちた
    堂々とした舞台上のパフォーマンスを審査していきます。
    ②肩、胸(インクライン・デクライン)の発達、背中(上背・下背)、
    腕(三角筋・二頭筋・三頭筋のセパレート)、
    腹筋がしっかりと割れているか、
    太腿の発達(四頭筋のセパレート)を重視します。
    尚且つ、各部位がバランスよくついていることと、
    しっかりと絞れていて、全ての部位のアウトライン・カットが出ていること。
  • VICTORIA

    ヴィクトリア部門(女性部門)

    - AGE -
    満40歳以上
    - POSING -
    ①全体的な印象を見る事からスタートします。
    メイク・ヘアー、全体的な肉体の発達状態、バランスのとれたスタイル、
    自信に満ちた堂々とした舞台上のパフォーマンス、
    女性らしく優雅でセクシーかどうか審査していきます。
    ②生まれつきのスタイルではなく、トレーニングや食事においての
    努力がみれる事が重要視されてきます。
    全体的に脂肪は少なく引き締まっているカラダが評価されます。
    しかしながら「引き締まる」と「細くなる」はイコールではありません。
    ガリガリなカラダや元々細いのに極度のダイエットによっての
    細身のカラダは減点となります。
    腹筋に関してはアブクラックス(腹筋に縦の線が3本入る事を示す)。
    女性の6パックは極端な筋肉質となり、過度な絞り過ぎで減点対象となります。
    ※この境界線はあくまで当日の審査員の判断となります。
    肩・ヒップ・太ももに関してはしっかりとしたアウトラインが見える事が好ましい。
    尚且つフロント・バックのVシェイプ、サイドポーズのSシェイプが評価の採点となります。

SSA×DREAM

  • スポーツモデル

    • 満19歳以上
    • 下着(男性)やビキニ(女性)審査に加え、世界的基準のスーツ審査やドレス審査、そしてユニフォーム等のスポーツウェア審査を取り入れての合計3つの審査をしての総合点を競い合う大会となります。
      海外の大会に選手をどんどん輩出していく為に、こういった競技を日本でも取り入れていくべきという思いから始まりました。
    • ☆スポーツモデル審査基準
    • ①ファーストステージ
      スーツ審査・ドレス審査はいかに自分にあった物を選んで着こなしてのポージングができているかを評価します。
    • ②セカンドステージ
      ユニフォーム等のスポーツウェア審査も同様、いかに自分にあったジャンルのスポーツウェアを着こなしてそれにあったポージング・ムービングができているかでポイントを競います。
    • ③サードステージ
      下着(男性)・ビキニ(女性)審査はSSAビースティ・ベティと同様とする。
      ※得点配分が最も高いステージとなります。
    • 上記3つの総合点を競います。
  • 甲子園部門

    • 高校生の方(〜18歳までの高校進学中の歳の方)
      高校生ながらもサマスタのステージで活躍したい。という志を持った学生はぜひ甲子園へ!学生の皆様の熱いエントリーお待ちしております。
    • ☆甲子園審査基準
    • 甲子園は、まだまだこれからカラダが成長していく過程となりますので、高校生年代ながらトレーニングによって筋肉が全体的に発達しているか、全体的にしっかりと絞れているかを評価します。※服装はサーフパンツ(予選)・下着(決勝)となりますので両方ご用意下さい。
  • SSA×カレッジ部門

    • 18歳~23歳未満の大学生をターゲットとしたクラス
      2017から新たに加わったカテゴリーです。※18歳~23歳未満の方でしたらご参加いただけます。
    • ☆審査基準
    • 全体的な印象を見る事からスタートします。
      全体的なバランスのとれた肉体の発達状態、自信に満ちた堂々とし舞台上のパフォーマンスを審査していきます。※服装はサーフパンツ(予選)・下着(決勝)となりますので両方ご用意下さい。

審査方法

各部門、クラスにおいて書類審査通過の方で予選を行います。

予選大会と決勝大会、それぞれで当日の中で予選と決勝があります。
当日の予選審査を勝ち抜いた選手はそのまま決勝審査が行われますので、服装をどちらとも必ずご用意ください。
※審査方法は、変更となる可能性がございますので予めご了承ください。

  • - 予選 -

    BEASTY、STYLISH GUY部門の服装は、上半身裸体で水着(サーフパンツ)、素足
    PHYSIQUE部門の服装は、上半身裸体にサーフパンツ、素足
    BETTY部門の服装は、上下セパレートタイプのスポーツウェア、8㎝以上のピンヒール
    (ベティ部門の服装について詳しくはこちら)

    まず1ブロック全員で各角度サマースタイルアワード 2017規定ポーズ(※下記参照)の後、
    1人ずつステージ上センター1か所でフリーポーズ(フリーポーズは1人当たり約20秒前後とする)。
    その後ピックアップ審査となり、ピックアップされた人数で一斉に2017規定ポーズでの審査となります。
    ※ウォーキングやポージングの箇所(回数)は全体のタイムスケジュールもあり、
    各大会の出場者人数によって異なることもあり得ますので予めご了承ください。
    出場者には当日の詳細をエントリー費の入金確認後ご連絡させていただきます。

  • - 決勝 -

    各クラス予選を勝ち抜いた選手
    BEASTY、STYLISH GUY部門の服装は、上半身裸体で下着(もしくはビキニタイプの水着)、素足
    PHYSIQUE部門の服装は、上半身裸体にサーフパンツ、素足
    BETTY部門の服装は、ビキニタイプの水着、8㎝以上のピンヒール
    (ベティー部門の服装について詳しくはこちら)

    まず1ブロック全員で各角度サマースタイルアワード 2017規定ポーズ(※下記参照)の後、
    1人ずつステージ上センター1か所でのフリーポーズ(フリーポーズは1人当たり約30秒前後とする)。
    その後ピックアップ審査となり、ピックアップされた人数で一斉に2017規定ポーズでの審査となります。
    ※ウォーキングやポージングの箇所(回数)は全体のタイムスケジュールもあり、
    各大会の出場者人数によって異なることもあり得ますので予めご了承ください。
    出場者には当日の詳細をエントリー費の入金確認後ご連絡させていただきます。

規定ポーズ(あくまでも一例です) (→動画で見る←

規定ポーズの際、それぞれの角度の規定ポーズアナウンス後、その角度の規定ポーズをとっていただきます(必須)。
その角度の規定ポーズを一旦しっかりとった後、次の(角度の)アナウンスがかかるまではその角度の向きでのムービング・ポージングを自由にしてください。

  • フロントポーズ

    1. 足はほぼ肩幅の位置に開く
    2. 足を開いたまま、かかとの位置は左右同じ位置におくか、もしくは左右どちらかに重心を乗せる
    3. 片方の手を腰に置く(左右どちらでも良い)
    4. 顔は正面を向く

    ※腹筋、胸筋、肩を意識する

  • サイドポーズ(右手前)

    1. 足はフロントポーズと同様
    2. 正面にくる方の手を下ろす(左右どちらでも良い)
    3. 右肩が正面に少し見える程度に体をひねる
    4. 顔は正面を向く

    ※腹斜筋、腹筋、肩を意識する

  • サイドポーズ(左手前)

    1. 足はフロントポーズと同様
    2. 正面にくる方の手を下ろす(左右どちらでも良い)
    3. 左肩が正面に少し見える程度に体をひねる
    4. 顔は正面を向く

    ※広背筋、三角筋を意識する。

  • バックポーズ

    1. 足はフロントポーズと同様
    2. 手は両手を自然に下ろす(開き過ぎに注意)
    3. 顔は後ろを向いたままで良い

    ※広背筋、三角筋を意識する。

女性 規定ポーズ(あくまでも一例です)

規定ポーズの際、それぞれの角度の規定ポーズアナウンス後、その角度の規定ポーズをとっていただきます(必須)。
その角度の規定ポーズを一旦とった後、次の(角度の)アナウンスがかかるまではその角度の向きで自由にムービング・ポージングをしてください。

  • フロントポーズ

    1. 足は左右どちらかの足を軸足とし、反対の足を肩幅やや広めに開き、かかとは地面から浮かせる
    2. 軸足側となる手は腰に当てる
    3. 顔は正面を向く
  • サイドポーズ(右手前)

    1. ステージ側の足のひざを軽く曲げ、かかとを浮かせる
    2. 軸足側の手は腰に当て、ステージ側の手は自然に広げる
    3. 左肩が正面に少し見える程度に体をひねる
    4. 顔は正面を向く

    ※Sシェイプを意識し、お尻を引き上げるイメージ

  • サイドポーズ(左手前)

    1. ステージ側のひざを軽く曲げ、かかとを浮かせる
    2. 軸足側の手は腰に当て、ステージ側の手は自然に広げる
    3. 右肩が正面に少し見える程度に体をひねる
    4. 顔は正面を向く

    ※Sシェイプを意識し、お尻を引き上げるイメージ

  • バックポーズ

    1. かかと足は揃える
    2. 両手は自然に開く(開きすぎ注意)
    3. 顔は後ろを向いたままで良い

    ※Sシェイプを意識し、お尻を引き上げるイメージ

ビューティーフィットネスモデル 規定ポーズ(あくまでも一例です)

規定ポーズの際、それぞれの角度の規定ポーズアナウンス後、その角度の規定ポーズをとっていただきます(必須)。
その角度の規定ポーズを一旦とった後、次の(角度の)アナウンスがかかるまではその角度の向きで自由にムービング・ポージングをしてください。

  • フロントポーズ

    1. 足をV字に開き、前方の足1歩前に出し、踵を後方の足の土踏まずにくっつけるように立ちます。
    2. 前に出した足側の腰に手を置きます、反対の手は自然に落とします。※手を開き大きく見せる必要はありません。
    3. 胸を張り顔は正面を向きます。
  • サイドポーズ

    1. 脚の重心を手前側に預けます。この時奥脚は曲げている状態。
    2. 重心側の腕は真っすぐ落とし手は軽く握ります。
    3. 左肩が正面に少し見える程度に体をひねる
    4. 反対側の手は腰に当てます
  • バックポーズ

    1. かかと足を揃える
    2. 両手は骨盤あたりに添えるように置く ※後方から見たときに手の平が見えない方が好ましい。
    3. Sシェイプを意識し、お尻を引き上げる
  • ×悪い例

    1. ビューティフィットネスモデルでは女性らしいポージングが要求されます。そのため力強いポーズは好ましくありません。

TOP

選手エントリー申込はこちら