×

HOME > 競技部門 > フィットネスモデル部門

FITNESS MODEL

年齢
18歳以上 ※高校生不可
身長
クラス分けなし
審査基準
①自分に合ったフィットネスウェアを着用し、健康的な身体であること。
(ウェアから脂肪がはみ出ないくらいが目安です)
②ビューティーフィットネスモデルやビキニモデルよりも筋肉量および質感がライトな仕上がりであること。
③過度な絞りは厳禁。
開催予定の大会
9/19横浜予選
10/10関東予選
10/23関西予選
審査方法
– 予選審査 –
【競技服】上はスポーツブラ、下はロングタイプのレギンス、公式規定ヒール(前底ありまたは前底なし)
①下手から1名ずつ入場、センターで1ポーズを行いバックラインへ移動する。
②はじめにブロックごとにサマースタイルアワード 2022規定ポーズ(※下記参照)を行う。
③続いてピックアップ審査となり、ピックアップされた人数で一斉に2022規定ポーズを行う。
※各大会の出場者人数によって予選審査を実施しない場合がございますので予めご了承ください。
※出場者には当日の詳細を大会当日~1週間前後を目処にご連絡させていただきます。
– 決勝審査 –
【競技服】上はスポーツブラ、下はロングタイプのレギンス、公式規定ヒール(前底ありまたは前底なし)
①2022規定ポーズを行う。
②フリーポーズを行う。(秒数は各大会で異なります)
③ピックアップ審査となり、ピックアップされた人数で一斉に2022規定ポーズを行う。
※フリーポーズ時のウォーキングやポージングの回数は全体のタイムスケジュールを考慮するため、大会によって異なる場合があります。
※ポージングの時間が他の選手より長い短いで審査に支障はございませんのでご安心ください。
規定ポーズ
規定ポーズの際、それぞれの角度の規定ポーズアナウンス後、その角度の規定ポーズをとっていただきます(必須)。
その角度の規定ポーズを一旦しっかりとった後、次の(角度の)アナウンスがかかるまではその角度の向きでのムービング・ポージングを自由にしてください。
注)規定ポーズは右回りです。左回りをした場合は減点対象となりますのでご注意ください。
注)規定審査時、1ポーズ目は規定のポージングを行う事が必須となります。別のポージングを行った場合は減点対象になりかねますのでご注意ください。

フロントポーズ

1.足は左右どちらかの足を軸足とし、反対の足を肩幅やや広めに開く。
かかとは地面から浮かせても浮かせなくてもどちらでも良い。
2.軸足側となる手は腰に当て、飾り手側は開き肘から曲げる
3.顔は正面を向く

サイドポーズ(左手前)

1.正面にくる方の足に重心を置き、反対側の足を膝から曲げかかとは地面から浮かせる
この時つま先は正面に対して真横に向け、身体が正面に開きすぎないよう注意する
2.軸足側となる手は自然におろし、反対側は腰に手をあてる
※サイドの肩からお尻、大腿の女性らしいラインを意識する

※サイドポーズに関しては2ポーズ目をとらず
規定のポーズ、1ポーズのみが好ましい。

サイドポーズ(右手前)

1.正面にくる方の足に重心を置き、反対側の足を膝から曲げかかとは地面から浮かせる
この時つま先は正面に対して真横に向け、身体が正面に開きすぎないよう注意する
2.軸足側となる手は自然におろし、反対側は腰に手をあてる
※サイドの肩からお尻、大腿の女性らしいラインを意識する

※サイドポーズに関しては2ポーズ目をとらず
規定のポーズ、1ポーズのみが好ましい。

バックポーズ

1.かかとは揃える
2.両手は自然に開く(開きすぎ注意)
3.顔は後ろを向いたままで良い
※Sシェイプを意識し、お尻を引き上げるイメージ
✕悪い例
ベティ部門とは異なり、身体もソフトに仕上げる分ポージングにも柔らかさを必要とします。バックポーズで手を頭に上げる等ハードに見せる必要はございません。

TOP

ENTRYはこちらから